体験記
殿下小・中学校
(2006.8.20)

トイレのそうじ  殿下小 4年  Uくん

僕は、すわるほうのトイレそうじをして、最初は大きなスポンジでトイレの水を取って、よごれている場所をこすってぴかぴかになりました。中もそうじしたら、水でぴかぴかになりました。
 やっぱりそうじをすると、トイレがスッキリになりました。


トイレをきれいにしよう 殿下小 5年 Hくん

ぼくは、学校の奉仕作業で幼稚園のトイレを洗いました。そこには、おしっこが固まって石になっていました。ぼくは最初は、いやだと思っていたけれど、最後までやったらとてもたのしくなってきました。
 いつものそうじではしないところをはじめてして、少しむずかしかったです。
 これから一週間に一回そこのところをやりたいとおもいました。


トイレピカピカ 殿下小 6年 Kさん

 トイレのそうじをして、はじめ、きたないとかいやだなぁと思っていたけど、やっているうちに楽しくなってきました。
 トイレがくさい原因が分かってびっくりしました。においの原因は、トイレの奥のよごれだったのでびっくりしました。高嶋先生といっしょにがんばって体育館の女子トイレをきれいにしました。
 終わってから、とても気持ちが良くて、家のトイレもキレイにしたいなぁと思いました。
 トイレをキレイにしたら、使うのがもったいないなぁと思いました。
 これからもキレイにして気持ちの良いトイレにしたいです。


鉄パイプの驚き 殿下中 1年 Sくん

 初めて、作業しようとした時、衝撃を受けました。素手でするといわれた時は、いやだと思っていました。
 便器をさわる時は、手が拒絶していて、あまりさわれませんでした。
 始めは、少しずつふいているような気持ちで掃除していたのですが、こびりついている汚れがとれなくて、とてもいら立って、素手で掃除しました。すると、素手でする違和感がうすれていき、はまってしまいました。
 鉄を布でふくと、銀色に輝いたパイプが出てきました。
 この経験を生かして、トイレをきれいにしていきたいです。


「汚」から「清」へ 殿下中 2年 Oくん

 今回のトイレ掃除で、僕は改めてこの大切さがわかりました。僕は、体育館の外のトイレを掃除しました。
 初め見た時は、便器が緑色で、「なんじゃこりゃ」と思いました。
 やっぱり素手でやるのは少し抵抗があって、最初はやるのがいやでした。でも、やっていくうちにどんどん楽しくなっていって、次から次へと仕事をしていました。
 おかげで、体育館のトイレも見違えるようにきれいになりました。
 やっぱりきれいになるとすがすがしい気分になることができました。
 少し時間はかかりますが、あんなに汚く見えたトイレも、新品同様に見えるようになりました。
 年に一回くらい、学校でこの行事をやったらいいんじゃないかと思います。
 掃除の会の皆さん、これからもがんばって下さい。


つらかったトイレ掃除 殿下中 3年 Tさん

  私は、はじめて本格的にトイレ掃除をやりました。男の子のトイレをやるので、「何で?」と思って、正直、あまりやりたくありませんでした。
 トイレ掃除をやる時、素手でやると聞いたときはびっくりでした。やってみて、はじめはすごく抵抗があったけれど、やっているうちに慣れてきていて、平気になっていました。
 トイレ掃除を教えて下さった人に、見えない所もすみずみまでやって下さいと言われたので、一生懸命やりました。
 水あかみたいなのとか、黄色のよごれとか、みるみるうちにとれて、私はちょっとうれしくなっていました。
 教えて下さった人に「おっ、キレイになったね。」と言われて、やりがいがあるなと思いました。
 私は、男の子のトイレを使わないけれど、今度から、男の子たちが気持ちよくトイレができるといいと思います。
 トイレ掃除は意外に楽しいことがわかりました。



活動報告・実習様子・体験記へ戻る